どんなメリットがあるの?庭付きの家

四季の移り変わりを感じられる

新築で一戸建てを建てる場合、庭をどのようにするかといった問題がありますよね。都心になるほど贅沢な空間になる庭ですが、いろいろな利用法があり暮らし方も変わってくるのでメリットを知っておきましょう。
まず庭があることで植物を置くことができるため、四季を感じやすくなります。小さなスペースでもいいので日本の季節を感じたいなら、自宅に庭を設置してみましょう。
また、リビングの延長線に設置すればリビングと庭が一続きになり、より空間が豊かになりますよ。デッキとリビングの高さを同じにすれば、より一体感を得られるのが魅力です。アクセスしやすい庭にしたいならば、家の間取りを考える際にこのようなスペースを設置することをおすすめします。

光や風景を取り込んで豊かな生活になる

庭が居住スペースにあることで開口部がより広くなるため、新鮮な空気や光を室内に取り込めます。特に都心部は明るい環境を確保するのが難しいケースも多いですが、庭があることで明るさを得られますよ。中庭でも間接光が空間から入ることで明るさが保つことが可能です。
また、庭や背景を取り込むことによってし家から見える景色はより素敵なものになります。庭のスペースが少なくても、庭の背景にある風景を取り込むことができれば家から確認できる風景がよりダイナミックになるのが特徴です。このような庭があることのメリットは広い庭園でなくても感じられるため、自然を身近に感じたいならば小さいスペースでもいいので設置を検討してみましょう。

分譲住宅の場合、販売時点で既に完成している物件が多いため、内覧を通して間取りや内装などをチェックしながら選べます。